すべての相性は「五行」で決まっている
「陰陽五行説」

すべての相性は「五行」で決まっている

ここまで、「陰陽」と、その最適なバランス「中庸」についてお話してきました。
この「陰陽説」に、後々「五行説」が結びついて生まれた思想が「陰陽五行説」です。

五行思想では、自然界のあらゆるものは「木(もく)・火(か)・土(ど)・金(ごん)・水(すい)」の5つの要素から成り立っていて、それらは互いに関連していると考えます。「五行」の「行」には「循環する」という意味があり、5つの要素が関わり合い、循環していくことで自然界が構成されているとされています。

5つの要素の循環は、ジャンケンをイメージするとわかりやすいです。ジャンケンでは、グーはチョキに勝ち、チョキはパーに勝ち、パーはグーに勝ちますよね。グー・チョキ・パーは、それぞれ同じ強さでバランスを保っています。五行は、ジャンケンでいう「グー・チョキ・パー」が、「木・火・土・金・水」の5つになったようなイメージです。

次の図を見てください。

「水」を吸って「木」が育ち、
「木」が燃えて「火」になります。
「火」に焼かれて残った灰は「土」に還り、
「土」を掘ると「金」(鉱物や金属)が出てきます。
「金」の表面には凝結により「水」(水滴)が生じます。

「木・火・土・金・水」は、それぞれ隣り合う要素を生み出しながら、循環しています。そして、ジャンケンと同じように、各要素はどれかが優位なわけではなく、対等な関係にあります。このように、相性が良く、無限に循環する関係を「相生(そうじょう)」といいます。「相性(あいしょう)が良い・悪い」の「相性」の語源となった言葉です。

とはいえ、隣り合う要素のうち、一部の関係だけが良すぎると、全体としての循環は上手くいきません。例えば、「金」から「水」が過剰に発生したとすれば、「木」の根は腐ってしまいます。あるいは、「木」が燃え続けたとすれば、やがて炭になり「火」は消えてしまいます。5つの要素全体で調和を保つためには、互いを抑制し合う力も必要になります。

次の図は、先ほどとは異なり、向かい合う要素を破壊・抑制する関係をあらわします。

「木」は地中に根を張って、「土」の養分を吸い取り、「土」は「水」を濁し、また、あふれ出ようとする「水」をせき止めます。
「水」は「火」を消し、「火」は「金」を熔かします。
「金」は木を傷つけて切り倒します。

このように、相性が悪く、相手を破壊・抑制する関係のことを「相剋(そうこく)」といいます。

自然界のあらゆるもののバランスは、この「相生」と「相剋」の2つの関係性によって保たれています。生み出し合う関係と抑制し合う関係が、過剰や不足をコントロールし、全体の均衡を保っているのです。そして、五行思想では、そのような世界で生きる私たち人間もまた、この自然界のルールに沿ってバランス良く生きることで、幸せな日々を保てるのだと考えられています。

●あわせて読みたい
陰陽五行説

三識(知識・見識・胆識)が人生の学びを深める

風水メンター IKURA

食品製造業の試食販売において、500万人以上の人たちの接客を経験。その後、不動産業、企業コンサルティング業で幅広くビジネスを展開する。
不動産業を続ける中で、人と不動産に関わる風水の気の流れに興味を持ち、本格的に風水の勉強を始める。風水の考え方が自身の過去のあらゆる経験に当てはまることに衝撃を受け、現在は企業経営の経験と風水学をベースに人間風水学「風水メンター」として活動している。

Instagram

Facebook