良い人間関係を築く 風水の対人運アップ方法

良い人間関係を築くには

働き始めたり、結婚したり、子どもができたり、関わる社会が広がれば広がるほど、人間関係の難しさを感じますよね。自分と気の合う人がなかなかいなかったり、まわりに合わせすぎて自分の主張ができなかったり、毎日たくさん無理をして疲れきっていませんか?

誰しも自分と関わる人たちと「良い人間関係」を築きたいと考えます。でも、そもそも「良い人間関係」とは、どんな関係のことをいうのでしょうか?

良い人間関係とは

私は、「良い人間関係」とは「信頼し合える関係」だと思っています。相手から信頼され、自分も相手のことを信頼している状態が一番良い関係です。しかし、多くの人たちが、「信頼関係を築く = 相手に信頼してもらうこと」だと勘違いしています。だから人間関係にストレスを感じてしまうのです。正しい信頼関係は、自分も相手のことを信頼できなければ成り立ちません。

信頼できる良い人たちだけに囲まれるためには、出会いの質を高めていかなければなりません。出会いの質を高めるには、2つのポイントがあります。

出会いの質を高める2つのポイント

第一には、月並みですが、やはり多くの人に会うことが欠かせません。人に会う回数を増やしていくうちに、外見や肩書きに左右されず、本当に自分に合った良い「出会いの気」がわかるようになるからです。
 
第二に、自分自身を良い気で満たし、対人運を上げることです。風水において、もっとも簡単で、対人運アップの効果が高いのは、「不要なものを処分すること」です。古いものや壊れかけているもの、使っていないものを処分し、よく使うものや大好きなものだけに囲まれていると、五感が研ぎ澄まされ、相手の本質を見ることができるようになります。
 
五感を研ぎ澄まして、多くの人に会い、信頼し合える相手を探して、良い人間関係を作り上げましょう。

●あわせて読みたい
気の流れを良くして運気をつかむ!風水の考え方の基本

陰と陽の真ん中「中庸をとる」ことが大切なワケ

風水メンター IKURA

食品製造業の試食販売において、500万人以上の人たちの接客を経験。その後、不動産業、企業コンサルティング業で幅広くビジネスを展開する。
不動産業を続ける中で、人と不動産に関わる風水の気の流れに興味を持ち、本格的に風水の勉強を始める。風水の考え方が自身の過去のあらゆる経験に当てはまることに衝撃を受け、現在は企業経営の経験と風水学をベースに人間風水学「風水メンター」として活動している。

Instagram

Facebook