気の流れを良くして運気をつかむ!風水の考え方の基本

簡単に言うと、風水とはこういうもの。

「黄色い財布を持つとお金が貯まる」
「水晶のブレスレットを身につけると、心が浄化される」

あまり触れたことのない方にとっては、「風水」のイメージって、こんな感じでしょうか?
はい、確かにその通りです。
ですが、風水は何も、おまじないや験担ぎをしているわけではないのです。
風水で「良い」とされている色や方角、アイテムなどには、ちゃんと然るべき理由があります。
全体を通してベースとなる考え方があって、それをかたちにしていった結果として、最適な色や方角が導き出されているわけなのです。

風水は、細かな部分ではさまざまな見解があって、多様な流派にわかれていますが、
どの流派においても、落ち着くところは同じなのです。

気の流れを良くして幸せになろう」 です。

世の中の良いことも悪いことも、すべての出来事は「気の流れ」によって起こっています。
この世のあらゆるものは、留まらずに流れています。
例えば、私たち人間は、体の中で血液が流れることで生きていますし、日々お金を使い、経済を循環させて世の中を動かしています。
そして、私たちを取り囲む自然界もまた、一日単位で見ると太陽が月へと変化しますし、一年単位で見ても、春から夏へ、夏から秋へと、季節が巡っています。

毎日を当たり前のように生きていると、なんとなく、自分ひとりで考え、行動しているかのように思えますよね。
でも、雨が降って、水が流れ、農作物が育つことで、「食べる」という行為が成り立っているから私たちは生きられているのです。

この世の中のすべては流れていて、互いに関わり合っています。

風水は、そんなふうに自分を取り囲んでいる「気」の流れを整えることで、人生を良いサイクルに変えていくための原理原則なのです。

風水を使って運気を上げる方法

「気」の流れを良くするためには、どこに向かって、どんな「気」を流したいのか、まずは目指すべきゴールの設定が必要です。
ゴールがなければ、どこを目指して進んでいくべきかがわかりませんし、ゴールに向かって正しく進めているかどうかの確認もできません。

私のカウンセリングの流れでは、まず「どんな自分になって、どんなふうに生きていきたいのか」を一緒に明確にしていきます。
そして「その目標を達成するためには、気の流れをどのように変えていけばいいのか」を考えていきます。
「気」の流れは、風水でよく挙がるインテリアをはじめ、居住地、勤務地、生活環境、服装、食事、生活習慣…など、その人を取り巻くあらゆる環境によってつくられていますので、ライフスタイル全般を見直しながら、「気」を整えていきます。

例えば「仕事をどんどん受注したい」という人なら、「対人運アップ」や「コミュニケーションスキルの向上」が課題になりますよね。
その場合は、風水で言う「動のエネルギー(陽の気)」を取り入れて、積極的に外に働きかけていけるような環境を作っていきます。

逆に「多忙な職場で、社員の離職率が高いのをどうにかしたい」という人なら、「静のエネルギー(陰の気)」を取り入れて、社内をもっとリラックスできる環境に変えていくことで社員の定着を図っていきます。

いかがでしょうか?
ここまでお読みいただいて、風水が特別難しいものではないと、わかっていただけたのではないでしょうか?
今後もこのブログを通じて、良い「気」の巡らせ方をお伝えしていきますので、風水をもっと身近なものに感じていただき、日常生活に気軽に取り入れていただければ嬉しく思います。

風水メンター IKURA

食品製造業の試食販売において、500万人以上の人たちの接客を経験。その後、不動産業、企業コンサルティング業で幅広くビジネスを展開する。
不動産業を続ける中で、人と不動産に関わる風水の気の流れに興味を持ち、本格的に風水の勉強を始める。風水の考え方が自身の過去のあらゆる経験に当てはまることに衝撃を受け、現在は企業経営の経験と風水学をベースに人間風水学「風水メンター」として活動している。

Instagram

Facebook