【第3回就労研 in 大阪】講演会に登壇いたしました

最近、講演会の依頼が多くあります。ブログでもなるべくご紹介していきたいと思っております。
就労研というのは、障がい者の就労を促進するための活動をしておられる団体です。今回は、大阪茶屋町のてつたろうという大箱の居酒屋さんで勉強会が行われました。当日は80名ほどの人が集まり、居酒屋の雰囲気と相まって、とても活気のある公演となりました。

講演者は二人、社会保険労務士/行政書士の増田繁男先生と私、風水メンターIKURA。

私の公演内容は、風水の歴史などの解説から始め、障がい者が気持ちよく職場に馴染むための気のコントロールをメインにお話しました。
これまでの数多くの対面販売などの経験と風水理論の符号から、障がいの有る無しに関わらず、対面での話し方やインテリアなどの環境まで「気」を上手に回すことすなわち「風水観気」が人生や職場環境の改善につながると考えています。

障がい者それぞれの気質を理解し、適切な対面方法を身につける。そして本人のトレーニングを通して、立派に社会で働ける人材になることが大きな目標です。
最近では障がい者施設のインテリア風水や食育にも関わり、人的な改善と併せて、環境を整える風水も実践しており、その例などもお話いたしました。

公演会後の懇親会でも、たくさんご質問をいただき、私にとっても意義のある会となりました。

 

風水メンター IKURA

食品製造業の試食販売において、500万人以上の人たちの接客を経験。その後、不動産業、企業コンサルティング業で幅広くビジネスを展開する。
不動産業を続ける中で、人と不動産に関わる風水の気の流れに興味を持ち、本格的に風水の勉強を始める。風水の考え方が自身の過去のあらゆる経験に当てはまることに衝撃を受け、現在は企業経営の経験と風水学をベースに人間風水学「風水メンター」として活動している。

Instagram

Facebook