元気を左右する「先天の気」と「後天の気」

「先天の気」と「後天の気」

「元気」「やる気」「勝ち気」など、「気」をあらわす言葉はいろいろあります。
風水において、「元気」で「やる気」に満ち溢れた状態にするには、読んで字のごとく、まさにこの「気」を満たすことが大切です。
今日はこの、私たちの体内を流れている「気」のお話です。
「気の流れ」を良くすることが大切だというのは、これまでにも何度かお伝えしてきましたが、そもそも、その「気」はどうやって生み出されるのでしょうか?

私たちは皆、2種類の「気」を持っています。生まれながらに持っている「先天の気」と、生まれた後に取り込まれる「後天の気」です。
先天の気は、胎児として生まれたときが最も多く、年齢を重ねるにつれて減少していきます。もともとの量や質には個人差があり、真冬でも外を走り回っている元気な子がいる一方で、生まれつき病気がちな子やアレルギー体質の子がいるのは、先天の気の質や量の違いによるものです。
また、先天の気は年齢だけでなく、乱れた生活習慣や過度なストレス、病気によってもすり減ってしまいます。心と身体を意識的に大切にしながら、先天の気を消耗せずに生きていくことが大切です。

後天の気は、生まれてから生きていくなかで、食物や呼吸によって補充されていきます。
先天の気が少なく生まれた人も、後天の気を養うことで日々を元気に暮らしていくことができます。
大人になるほど、この後天の気をうまく取り入れられるかどうかが重要になってきます。

「後天の気」を補充する方法

後天の気は「天の気」と「地の気」からなります。
「天の気」は太陽や月、惑星などの天体が発する気のことで、日々の呼吸によって空気というかたちで私たちの体内に取り込まれます。
「地の気」はその名のとおり、大地のエネルギーです。「地の気」は、私たちが毎日食べている食べ物によって補充することができます。
どちらも生命維持に欠かせないものなので、皆さんも特別意識しなくても摂取されているでしょう。
でも、この生命活動に少しの意識を向けてみるかどうかで、後天の気が補充されるようになるのです。

まず「天の気」のもととなる呼吸。
忙しい毎日を生きる私たちは、知らず知らずのうちに呼吸が浅くなりがちです。
呼吸が浅いと血中に酸素が十分に行き渡らず、血の巡りが悪くなり、冷えや低代謝の原因になってしまいます。
呼吸によって取り込まれる酸素は、植物が光合成をして作り出した、自然のエネルギーです。ときどき意識的に深い呼吸(腹式呼吸)をし、たくさんのエネルギーをいただくようにしましょう。日常にヨガを取り入れるのもおすすめです。

そして「地の気」のもととなる食べ物。
私たちが大地のエネルギーを体内に取り込むには、その大地で育った農作物を食せばよいのです。特に旬の農作物には大地のエネルギーが存分に蓄えられています。

「後天の気」は生活環境にも影響される

後天の気を構成する「天の気」と「地の気」は、先述のような呼吸や食事だけでなく、皆さんの生活環境によっても左右されます。
例えば、住居。戸建て住宅に住む人と高層マンションに住む人とでは、不足しがちなエネルギーが異なります。
戸建て住宅は地面に近く「地の気」を受けられますが、住宅の向きによっては日当たりが悪く「天の気」が得られません。一方、高層マンションでの高層階では「天の気」を受けやすい分、地面に接していないので「地の気」が得られません。

高層階にお住まいの方は、積極的に外に出て地面の上を歩き、
日当たりの悪い部屋にお住まいの方は、こまめにお布団を干すなどして、不足しがちなエネルギーを補充するようにしましょう。

少しずつ「後天の気」を増やしていきましょう

「先天の気」は遺伝的影響を受けますが、「後天の気」は自分次第で力強くも、弱くもなります。住む家や食生活、仕事内容や人間関係などで大きく変わります。
元気の素は、忙しい日々の中で、ほんの少しだけ自分の中を流れる「気」に意識を向けることです。
自然や季節を感じながら、良い気を持つ人たちと接していけば、「先天の気」は消耗せず、「後天の気」はますます増えて、より元気で楽しい生活がおくれるようになります。「気」を味方につけて、毎日を元気に過ごしましょう!

風水メンター IKURA

食品製造業の試食販売において、500万人以上の人たちの接客を経験。その後、不動産業、企業コンサルティング業で幅広くビジネスを展開する。
不動産業を続ける中で、人と不動産に関わる風水の気の流れに興味を持ち、本格的に風水の勉強を始める。風水の考え方が自身の過去のあらゆる経験に当てはまることに衝撃を受け、現在は企業経営の経験と風水学をベースに人間風水学「風水メンター」として活動している。

Instagram

Facebook